ロード・オブ・ザ・ホワイトハッカー

ホワイトハッカーはじめました

CEHを英語で受験する

CEHを英語で勉強して、テストも英語でやりました。

 

主な理由としては、以下です。

・日本語で勉強するにはコスト(50万円)・時間的(5日間フル)な面で厳しい

・国際資格なんで、英語で挑戦してみるか

・今後も情報元は海外からが多いので、英語で知識取得してみるか

・テスト問題の翻訳がイマイチで回答に困る、という意見をブログで見た

 

CEHの資格取得でスキルを証明すると思いますが、同時に英語のスキルがあることもアピールできると思えば。。。

 

そのために、どれくらいの英語力が必要なのか?

 

自分自身、それほど英語力があるとは思っていません。

仕事で英文を作成したり、読んだり、会話することもありません。

 

ただ、英語への抵抗は少ないので、とりあえず英文を読もうとはします。

高校生レベルの英語力があれば問題を読むことは出来ると思います。

 

問題はこんな感じが多いと思います。

Which of the following techniques does an attacker use to snoop on the communication between users or devices and record private information to launch passive attacks?

  • Privilege escalation
  • Eavesdropping
  • Spoofing
  • Session hijacking

 最初の、次のうちどれでしょう?は決まり文句みたいなもので、題解いていると、問題分を最初から読まなくなります。

 

最後から単語を拾って、選択肢と関連のあるキーワードが問題にあれば、それが正解、みたいな感じで選ぶようになります。

 

最初は英単語帳みたいなものを作成していて、こんな単語を登録していました。

deterrent
egress
eradication
espionage
evasion
fraud
Inference
mandatory
mitigate
overt
pseudonyms
bastion
cipher
unsolicited
tethered

 

途中からそれもやらなくなり、単語の意味がわからなくても、感覚で問題には回答できるという、良く分からない状況でした。

 

 ホントに、初めの1か月はかなりストレスでした。

 

オンラインテキストはWebページにも関わらず、ChromeGoogle翻訳が出来ない。

オンライン問題集は、Google翻訳の助けを借りていました。

 

それでも、問題が解けたりすると嬉しくなってきて、初めて英語の勉強が役にたった、と思えたりしました。

 

恐らく、コロナの状況で、時間が有り余っている状況じゃなかったら、やらなかっただろう、とは思います。

 

CEHを目指しているけど、50万円は厳しいけど、その半分以下のお金で、英語で受験を目指す方の参考になれば幸いです。

 

 

 

chikuwamarux.hatenablog.com