ロード・オブ・ザ・ホワイトハッカー

ホワイトハッカーはじめました

CEH試験について

CEH取得のため、勢いで英語の自習教材に申し込んで、四苦八苦しながら学習を続けて、何とか受験の申し込みまでこぎつけた。

 

ここでの心境は、合格の自信がある、というよりも、早く勉強から解放されたい、その一心でした。

 

受験会場に着いて、受付で試験名称を言う際、

「ECHです」

といきなり間違えている。。。

 

少し予定時間より早く着いたのですが、

「今から、ご案内できますが、どうされますか?」

と聞かれ、そのまま試験に突入。

 

休憩・トイレ退出は可能という説明を受けて、いざ、試験開始。

 

英語試験なので、試験説明も当然英語、秘密保持契約も英語。すでにそれだけで緊張。

 

そして、125問の問題がスタート。。。

 

最初の1-5問目で、オンライン問題集になかった問題だし、4択のうち、2つに絞れるけど、どちらも正しいように思える。

ということで、かなりパニックに陥りました。

 

あー、もうこれ再受験だよ。

499ドルもったいない。

何を勉強したらいいんだ??

もう、これ以上、気力が保てない。。。

とか、どんどん弱気になっていく。

 

中盤を過ぎると、見慣れた問題が出現してきて、自信を持って回答できるものもチラホラ。

 

何とか125問回答して、見直しをして、時計を見ると3時間経過。

 

最後は、もうろうとしながら、提出ボタンをクリック。

 

結果は。。。

「pass」

というホントに小さな文字が画面に表示される。

 

125問中100問正解しての合格でした。

 

125問中、複数回出題されたと記憶するのが、

・nmapのパラメター

・真陽性 (True Positive)、真陰性 (True Negative)、偽陽性 (False Positive)、偽陰性 (False Nagative)を選択するもの

・CVEのスコア

あたりでした。

 

 以下の書籍で出るよ、と言われているところが出ていたような気がします。

が、それが全てではない気もします。

 

 

 

 

chikuwamarux.hatenablog.com