ロード・オブ・ザ・ホワイトハッカー

ホワイトハッカーはじめました

CEH自習学習の教材について

勢いで申し込んだCEHのiLearn packageという自習教材について。

 

メールで紹介を受けた際は、以下の内容でした。

  1. One Year Access to the CEH E-courseware
  2. Six months access to EC-Council's official Online lab environment (iLabs)
  3. EC-Council’s Certification Exam Voucher
  4. One year access to EC-Council's expert instructor-led training modules with streaming video presentations for an all-inclusive training program that provides the benefits of classroom training at your own pace

以下、それぞれ説明します。

 

1.One Year Access to the CEH E-courseware

   これは、1年間有効の電子書籍です。

   VitalSourceというプラットフォームで提供されています。

   講義内容:3,000ページ

   その他情報:500ページ

   ラボ(後述)のマニュアル:1,500ページ

 

2.Six months access to EC-Council's official Online lab environment (iLabs)

           これは、6か月利用できるラボ環境です。 

 

   仮想環境で、サーバーやデスクトップが準備されていて、

   実際のツールで、攻撃手法を試すことができます。

 

   アクセスすると2分ほどで環境が毎回作成されます。

 

   PC画面に右側に操作方法が表示され、それを見ながら、やっていきます。

   一定時間経過すると、自動で終了して、初期化されます。

 

3.EC-Council’s Certification Exam Voucher

   これは、受験のバウチャーですが、ECC EXAM CENTERという、

   EC-Council独自の受験方法となります。

 

   自宅で受験できるのですが、カメラを用意して、

   試験官とやり取りしながらテストを受験するらしいです。

 

   ピアソンVUEなどのテストセンターで受験する場合は、

   100ドル追加して、バウチャーを変更する必要があります。

 

4.One year access to EC-Council's expert instructor-led training modules with streaming video presentations for an all-inclusive training program that provides the benefits of classroom training at your own pace

   これは、講義の動画になります。リアルで5日間でやる内容らしく、

   20章毎に準備されていて、動画の長さは40~80分などです。

 

   英語字幕が表示できます。

   テキストやラボの内容、ホワイトボードを使用したりと、

   目で見て、ある程度、何をしているかわかる内容だったと思います。

 

以上4つが、iLearn packageの説明でした。

 

これにプラスして、149ドルでオンラインの問題集を購入しています。

20章毎に問題が用意されていて、合計1,000問以上。

2回分(125問x2)の模擬試験が付いています。

 

この段階で、かなりお腹いっぱいなのですが、これを英語で咀嚼していくことを考えると気が遠くなりました。。。

 

つ・づ・く

 

 

chikuwamarux.hatenablog.com