ロード・オブ・ザ・ホワイトハッカー

ホワイトハッカーはじめました

KaliのToolたち

Kaliには多くのツールが用意されている。

 

こちらに一覧表示されて、一通りの説明がある。

tools.kali.org

 

12のカテゴリでリストアップされたツールの数は以下の通り。

カテゴリ カウント
Forensics Tools 23
Hardware Hacking 6
Information Gathering 67
Maintaining Access 17
Password Attacks 39
Reporting Tools 9
Reverse Engineering 11
Sniffing & Spoofing 33
Stress Testing 14
Vulnerability Analysis 27
Web Applications 43
Wireless Attacks 54

※2021年6月時点 

 

少し混乱するのが、実際のKaliのメニュー表示は、カテゴリも、ツールの表示数も異なること。

f:id:chikuwamaruX:20210626084408p:plain

上記は01-information gatheringを選択した画面。

サブカテゴリに分類され、表示されるのはわかりやすい。

 

メニューには、Dababase Assessment、PostExploitation、Social Engineering Toolsがあって、Maintaining Access、Stress Testingがない。

 

ツールの中には、複数のカテゴリにリストアップされているものがあり、集計すると以下の通り。

ツール名 カテゴリのカウント
THC-IPV6 5
Maltego Teeth 4
cisco-auditing-tool 3
Yersinia 3
Burp Suite 3
zaproxy 3
WebScarab 3
cisco-torch 3
sqlmap 3
DotDotPwn 2
FunkLoad 2
Ghost Phisher 2
HexorBase 2
diStorm3 2
inviteflood 2
iSMTP 2
iaxflood 2
dex2jar 2
CutyCapt 2
jboss-autopwn 2
copy-router-config 2
cisco-ocs 2
cisco-global-exploiter 2
chntpw 2
CaseFile 2
BBQSQL 2
crackle 2
Reaver 2
Xplico 2
Wireshark 2
Wifi Honey 2
sslstrip 2
SSLsplit 2
sqlsus 2
Sqlninja 2
smali 2
SIPArmyKnife 2
mdk3 2
Recon-ng 2
jSQL Injection 2
Powerfuzzer 2
polenum 2
Parsero 2
p0f 2
ohrwurm 2
Nmap 2
Nikto 2
Metagoofil 2
apktool 2
SET 2

 

THC-IPV6は、5つのカテゴリをカバーできると思うが、名前の通りIPv6のためのツール。

 

その他のツール、見覚えがある名前だと思ったら、CEHのテキストに登場していました。 

 

ツールの多さに途方に暮れてしまいますが、まずは、

 あたりで、使えるツールを調べよう。

 

つ・づ・く